• ホーム  >  
  • 大阪市でよく噛める入れ歯をお探しなら|フルリール長居公園歯科クリニック

ご要望に合う最適な入れ歯をご提案します

入れ歯には一部の歯を失った際に入れる『部分入れ歯』と、すべての歯を失った際に入れる『総入れ歯』の2種類あります。またいずれの入れ歯も、保険で作製する場合と自費で作製する場合によって使用する材料や形態などが異なります。

ご要望に合う最適な入れ歯をご提案します

このように“入れ歯”と一口にいってもその種類や形態、材質などが様々あるため、どのタイプのものが今の自分に適しているのかをきちんと見極めることが大切です。

当院でははじめに現在使用されている入れ歯のお悩みやご不満などをお聞きしたうえで、お一人おひとりに最適な入れ歯をご提案しております。その際には形態や材質の違いによるメリット・デメリット、費用面のことなども詳しくご説明しますので、ご不明な点などありましたら遠慮なくお尋ねください。

当院の入れ歯治療

入れ歯ができるまで
来院1日目
まずは現在の入れ歯の使用状況や入れ歯に関するお悩み、新しい入れ歯へのご要望などを丁寧にお聞きしていきます。くわえてお口の中の状態を正確に把握し、患者様に最適な入れ歯の形態や材質などをご提案していきます。
内容にご納得いただけたら既成のトレーで歯型を取り、患者様専用の型取りトレーを作製していきます。
来院2日目
作製した患者様専用のトレーで、さらに精密な歯型をお取りしていきます。
来院3日目
咬合床(こうごうしょう)という装置を用いて、上下の咬み合わせや位置、高さなどを正確に計測していきます。
来院4日目
入れ歯の仮合わせ(試適)をおこないます。ここで咬み合わせや歯並び、入れ歯の形態などを細かくチェックし、問題がなければ完成品の作製にとりかかります。
来院5日目
出来上がった完成品を装着し、咬み合わせなどの調整をおこないます。その後ご自宅で実際に会話や食事をしていただき、さらに何度か調整を重ねながらお口の中にフィットさせていきます。
『よく咬める入れ歯』へのこだわり

『よく咬める入れ歯』へのこだわり

お口にぴったりと適合し、しっかり咬める入れ歯を作るためには、患者様の歯ぐきの形状や咬み合わせなどを模型に忠実に再現することがとても重要です。

当院では自費に限らず、保険の入れ歯でも患者様専用の歯型トレー(個人トレー)をおつくりし、精密な歯型をお取りしてから入れ歯を作製してまいります。